japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

福岡で漆の講演

 

これまで東京や大阪、漆器産地などで漆のお話をさせていただいておりましたが、このたび初めて九州地方での開催が実現することとなりました。

福岡市で漆の講演会を開催致します。

 

しかも、最近歯に衣着せぬ提言で有名なデービッド・アトキンソン氏にも講演をお願いしたところ快く快諾いただき、また地元福岡で漆芸をされている松生氏の協力をいただくことができ、3人による講演会となります。

 

場所は福岡市中心部・天神の「書斎りーぶる」

 

goo.gl

上記フォームから参加申し込みを受け付けておりますので、お近くの方はぜひお越しください。

 

(開催概要)

日本の漆の約8割を生産する岩手県二戸市浄法寺町
浄法寺の漆は金閣日光東照宮などの国宝、重要文化財の修理修復に使用されています。
しかし、国内で使われている漆の約98%は中国産漆で、国産はわずか2%。
縄文時代早期からの長い歴史を持つ日本の漆の伝統は、残念なことに需要の低迷や職人数の減少・高齢化により「風前の灯」となっています。

それは、自然由来の優れた資源である漆の魅力が忘れ去られ、知られていないことも一因です。
漆の伝統を後世に継いでいくためには、漆掻き職人が集団として残っている今こそ、対策を講じなければなりません。

今回の講演ではそれぞれの立場で漆に関わられている方から、その現状とこれからについて語っていただきます。

講師
松沢 卓生(株式会社浄法寺漆産業 代表取締役
デービッド・アトキンソン(株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長)
松生順(九州産業大学芸術学部美術学科 非常勤講師)