japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

漆の種

f:id:japanjoboji:20140323231620j:plain

漆の木の種はとても発芽しにくいです。

実際に見てみるとわかりやすいのですが、種の周りに蝋分がコーティングされていて、果皮も硬いのでうまく水分を吸い上げることができないのです。そのまま播いてもなかなか発芽しません。発芽するのは数年後?

なので、漆の木を育てるには苗木を作るのが一般的です。

方法としては種から苗木を作る方法と、根を切り取って分根により育てる方法があります。浄法寺は昔から種から苗木を作っています。なぜかというと優良系統(漆の出がいい木)を選んで育てた方が都合がいいのと、分根はクローンなので一度病害が発生すると全滅してしまう恐れがあるからと言われています。強くて漆液がたくさん採れる系統を育てるやり方を実践してきたのが浄法寺なのです。