読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

f:id:japanjoboji:20130420134019j:plain

昨日は沼宮内でコレカラカフェエクストラという催しがあり、ゲストとして参加しました。


沼宮内は岩手郡岩手町の中心地で、河岸段丘を意味するアイヌ語由来の場所です。
会場は「かきくけ煌・わくわくサロンじょい」という沼宮内の商店街にあるコミュニティスペースだったのですが、明治30年台の蔵を改造した趣きのあるスペースで素敵な場所でした。中へ入ると新渡戸稲造の書「Union is Power」が掲げられています。隣にはレストランがあり、岩手町名物のいわてまち焼きうどんを初めていただきました。これはやみつきになる味です!隣には今回のゲストで、このいわてまち焼きうどんの仕掛け人でもある肉のふがねの府金さんのお店があります。

コレカラカフェは岩泉町の早野商店・早野さんの発案で今年1月から2月にかけて盛岡のあさ開の蔵を会場に開催された企画で、岩手県内でそれぞれの分野で活動されている人をゲストに読んで早野さんが話を聞いていくというスタイルのイベントです。その集大成版をやろうということで今回集まったのですが、これほどまでにざっくばらんで刺激的で一体感を持った企画はなかったのではと思うほど充実した内容となりました。
参加者がちょっと少なかったのが残念でしたが、ゲストもお客さんも一緒に車座になって話したのがよかったのかもしれません。

午後2時半からスタートして二次会会場に移っても議論が続き、終わったのが午後9時頃。それでも話し足りないくらいでしたね。自分は話すよりもみんなの面白い話を聞いていたという感じでしたが…

だいたい40代のおじさんで、転職したり人生経験も人並みになってきた頃合い。共通の話題も多いしお互いに刺激を受ける集まりとなりました。そもそもの趣旨は若い人たちに岩手にもこんなに面白い人たちがいるんだよ(自分は面白くないですが…)ということを知らしめることでしたので、今回の話は感度の高い若者に聞いて欲しい内容でした。よくありがちな偉い人の講演&シンポジウム形式よりずっと心に響くし残ります。

Union is Powerという言葉が一層身にしみました。今こそ岩手の団結ですね