読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

大学で講義

f:id:japanjoboji:20120621133053j:image:w640

毎年恒例になりました岩手県立大での特別講義。
今までは2,3年生対象で「社会構造変動論」の講義の一環でしたが、今回ははじめて1年生対象で「社会学」の必修科目で教えることに。
担当の山田佳奈先生とはもう5年くらい漆で関わりがあり、大変御世話になっているのです。(先生は漆掻きも体験したことがあります)

できるだけ平易に伝えたつもりでしたが、どうだったでしょう。
でも最後にアンケートをとってみたところ、今まで全然漆のことを知らなかったという意見多数。その他にも「漆器を使ってみたい」とか「漆器の素晴らしさを感じた」という感想をもらいました。

漆器というとある程度年を重ねた頃からその魅力に惹かれることが多いのではと思いがちですが、そんなことはなくて学生たちは授業中に回覧してもらった漆器を実際に手にとってその手触りや質感を愉しんでいるようでした。本当は実際に料理を盛りつけて感じてもらうのが一番ですけど、少しでも漆器の感触を体感してもらってよかったと思っています。

岩手に住んでいても、ここが日本一の漆の産地だとは知らず、漆器もほとんど使っていないという学生がほとんど。とてももったいないことだと思います。でも、漆器は敷居が高いという感覚は持っておらず単に存在を知らない、触れる機会が少ないというだけのような感じがしました。

若い頃から漆器に親しんでもらうためには何をしたらいいのか考えていきたいと思います。