読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

漆サミット2012が開催されます!

来たる10月12日~14日まで、浄法寺を会場に「漆サミット2012」が開催されます。ここ数年、東京の明治大学を会場に開催されてきた漆サミットが今回はじめて浄法寺で開かれるのです!

このサミットは特に日本産漆が抱える現状や課題、最新の研究成果等について発表、共有し積極的に普及宣伝し認知度を高めていくための場となっています。

皆様ふるってご参加ください!

 

日程

10月12日(金曜日)

11:45~ウルシ植栽地見学会(吉田)※定員40名
12:55~浄法寺漆器で味わう昼食会(浄門の里)
14:15~漆掻き体験(ふるさと文化財の森「浄法寺漆林」)
15:45~浄法寺歴史民俗資料館見学

10月13日(土曜日)

9:00~浄法寺漆共進会(浄法寺福祉会館1階ホール)
12:00~ポスター発表(浄法寺文化交流センター)
13:00~開会式(浄法寺文化交流センター)
13:40~「地域活性化を目指した国産ウルシの持続的管理・生産技術の開発」成果報告
17:00~質疑
17:30~浄法寺漆共進会表彰式
18:30~交流会

1014日(日曜日)

9:00~ポスター発表
10:00~基調講演「文化財修復に果たす日本産漆の役割」(仮題)
講師:重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝) 室瀬和美先生
東京国立博物館学芸研究部保存修復課長 神庭信幸氏
12:00~ポスター発表
13:00~パネルディスカッション「文化財の保存修復と日本産漆」(仮題)
パネラー:名古屋工業大学 麓和善氏、堤浅吉漆店 堤孝氏、斎藤漆工藝 斎藤敏彦氏、日光社寺文化財保存会 佐藤則武氏、文化庁建造物課修復ご担当者
コーディネーター:建築装飾技術史研究所 窪寺茂氏
15:00~質疑
15:30~閉会式

参加対象

 “漆”関係者及び一般

参加費

無料。(交流会を除く)

 ●10月12日(金)は定員がありますので、定数となり次第、締め切らせていただきます。