japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

今年一年ありがとうございました

毎年この時期は一年の総括的なことを書いていますが、今年は総括というかまとまらないまま年の瀬を迎えています。

今年の1月、浄法寺は稀にみる豪雪に見まわれ、年始早々大停電で大変な年明けでした。幸い漆の木はねばりのある木なので雪の重みで折れるということもなかったのですが、杉や松があちこちで折れて道路を塞いだり、盛岡以北を中心に大きな被害がでました。

その豪雪など比べものにならないくらいの忌まわしい大災害があの3月11日に起きてしまったわけですが、2011年という年は歴史上大きな傷跡を残した年になりました。

岩手では今でも毎日震災関連のニュースが続いていますが、恐らく何十年も続くでしょう。当然のことながら地元としてずっと伝え、聞いていかなければならないことです。
残念なことに、すでに風化しつつあると思わせるような言動が国内にも現れ始めていて、狭い日本というけれど遠い世界のことのように思っている人も多いように感じます。
岩手県内でも内陸部と沿岸部の温度差が出ていると言われますし、直接被災していない人とはやはり感じ方や受け止め方の齟齬というものはあると思いますが、少なくとも東北、岩手では「絆」というもので結びついていなければなりませんよね。

自分でできることは、まだ満足に事業化できていない国産漆の事業を軌道に乗せて、早く地域の産業に貢献できるようにすることですが、今年一番嬉しかったことは2011年度のグッドデザイン賞を受賞し、さらに特別賞までいただいたことです。これは思いも寄らないことでしたが、私の零細な事業でも見てくれている人がいることにとても感激しました。これを励みに一層浄法寺の漆、漆の素晴らしさを世界へ伝える仕事を続けていきたいです。

そして今年もいろいろな方と出会い、ご縁をいただきました。皆さんの力で私は事業ができているのだと、当然のことなんですが改めて感じました。

来年は平穏な年になりますよう、心から祈っています。