japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

グッドデザイン賞受賞

f:id:japanjoboji:20111003104900j:image


浄法寺漆産業の漆が2011年度のグッドデザイン賞を受賞致しました!
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=38232

8月下旬に開催されたGOOD DESIGN EXPOで、東北茨城デザイン産業支援プロジェクトという企画があり、それに出展したのですが、その東北復興支援というカテゴリーでの受賞です。

グッドデザイン賞に応募しようという意図はまったくなくて、岩手県工業技術センターのお勧めもあって、復興支援ということで応援くださるという感謝の気持ちで県内の様々な事業者さんと共に出展しただけだったのです。
このたび審査員の推薦でこのような賞を受賞できたことはとても励みになります。また、今回の受賞はいままでの浄法寺漆関係者の積み重ねがあったからこそで、私だけの力で受賞できるものではありません。
なので、同じ浄法寺の滴生舎と岩舘さんの漆器が同時に受賞したことはとても感慨深いものがあります。

それから岩手県工業技術センターが中心となって開発した器「てまる」もめでたく受賞されました!
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=38233
http://www.g-mark.org/award/detail.html?id=38209



ちなみに当方の受賞理由は次の通りです。

「かつて日本の代名詞でもあった漆。漆掻き職人が漆を採る光景は戦後まで日本のあちこちで見られた。しかし外国産や樹脂漆の台頭でその需要は極端に減り危機的状況である。コストのために失われる素材、そこには日本が本来持っていた大切な文化が含まれている。伝統工法そのままに、漆産地日本一の岩手から果敢にその継続に挑戦する姿勢に敬意を表する。」


これがきっかけで浄法寺の漆、国産の漆が注目されることを期待しています。