japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

秀衡椀

f:id:japanjoboji:20110923112115j:image
岩手県を代表する漆器といえば、おなじみ浄法寺漆器と秀衡塗があります。

浄法寺漆器はいつも身近で、取り扱っているものなので今回は秀衡塗のお話。

秀衡塗というとこの菱形の金箔と模様が特徴的ですよね。
平泉文化を花開かせた藤原秀衡の名が付いている由緒ある漆器です。ただ、秀衡塗のルーツとされている「秀衡椀」という呼称は昔からあったものの、なぜ秀衡の名がつけられたのかは分かっていないのです。浄法寺塗、浄法寺漆器は浄法寺の天台寺がルーツであることが分かっていますが、秀衡椀は少し謎めいています。

混同されがちですが、秀衡塗と秀衡椀は違うものです。秀衡塗という名前は大正時代に当時の盛岡市長によって付けられた名前で、もともと盛岡の名産品として始まったようです。

秀衡塗は旧通産省の伝統的工芸品の指定を受けていますが、秀衡椀の歴史がそのまま秀衡塗まで受け継がれているわけではないのです。古い秀衡椀は確かに現存しているのですが、その歴史を綴った古文書などはほとんど存在していません。

古い秀衡椀は岩手県南地方の旧家やお寺などで所蔵されているものが多く、岩手県立博物館や一関市博物館などで見ることができます。中尊寺にも桃山期の秀衡椀が所蔵されているんですよ。

その秀衡椀の再現を奥州市の及川守男さんが数年前に手がけました。及川さんはもともと旧衣川村増沢地区の増沢塗の塗師でしたが、増沢地区は現在衣川防災ダムの底に沈んでしまっています。
もともと漆器の産地として県内でも有数の産地で、民藝運動の創始者・柳宗悦が「塗りが正直で手堅い」と絶賛したこともあり昭和初期はとても盛んな産地だったそうです。

ダムの建設によって漆器を作っていた人たちも様々な地域に分散し、移転先で仕事を継続しています。その一人が胆沢で及川漆工房を営んでいる及川さんなのです。現代の名工に認定されています。

及川さんは秀衡塗も作りますが、あらゆる漆工技術を習得されておられ、古椀の復元をはじめかつての増沢塗の作風を感じさせる漆器を作り続けておられます。
写真のお椀は及川さんが古秀衡椀を復元したものです。素晴らしいでしょう!

岩手でも数少ない、漆の古き良き時代を知る漆職人の一人です。