読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

グッドデザインエキスポでプレゼン

f:id:japanjoboji:20110827155815j:image
 8月27日(土)、東京ビッグサイトで漆の話をしてきました。
 前回のブログにも書きましたが、26日から開催中の「グッドデザインエキスポ」の特別企画・スペシャルステージ「これからもっと東北〜デザインとものづくりの大地へようこそ」で岩手県から浄法寺漆産業が選ばれたのです。

 東北各県と茨城県から1者だけのプレゼンということもあり、岩手県代表として恥ずかしくならないように努めたつもりですが、どうだったでしょうか…
 一日に2万人も来場するイベントということでちょっと緊張しながら登壇しましたが、客席は100席程度でちょっとホッとしつつも、知り合いも多く見に来てくださっていて、若干緊張の面持ちでプレゼンを終えたのでした。
 他の県の方々はデザインのお話がメインでしたが、私は漆という原料の話だったのでちょっと異質だったかもしれません。漆とはなんぞやというところから話をしたので、時間もちょっと押し気味で、消化不良になってしまった気もします。

f:id:japanjoboji:20110827175939j:image
 プレゼンの後は、ツイッター上でも交流のあるモデレーター役のクリエイティブプロデューサー・岡田智博さん(NPOクリエイティブクラスター)、青森県で社会的プロジェクトの数々を成功に導いている立木 祥一郎さん(tecoLLC)、秋田の産業デザインの第一人者、五十嵐 潤さん(あきた産業デザイン支援センター)、仙台でインキュベーションマネージャーとして活躍している柿崎 慎也さん(TRUNK)によるセッションが行われ、私も最前列で熱いトークを聴いてきましたが、こういう先駆的なことが東北各地で行われていることを恥ずかしながら初めて知り、浄法寺でも何か参考にできないかと考えたのでした。

 でも、このような最先端のデザインが一同に集まっているところでこのようなお話をさせていただくこと自体とても光栄なことで、なかなかできる経験ではないですね。いろいろな方と交流を持てたことはとても有意義でありました。
 
 交流会での青森県提供のシードルは美味しかった!みんな瓶でラッパ飲みしてましたねw

f:id:japanjoboji:20110827195720j:image
 あと、忘れちゃいけない、浄法寺漆産業の展示スペースをいただいたので漆樽とチューブを並べました。来年はもっと充実させたいな。