読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

漆を漉しました

f:id:japanjoboji:20110720151254j:image
漆は採ったままの状態では使えないので、一度漉して中に入っている小さなゴミや木の皮を取り除く必要があります。

少量であれば、漉し馬という道具を使って和紙などで漉すのですが、大量の漆を漉す場合にはこうやって綿漉しという作業をします。小さくちぎった綿を漆に投入して、かき混ぜます。

f:id:japanjoboji:20110720151245j:image

かき混ぜるのが一苦労。かなりの抵抗があります。入れる綿の量も多いです。

f:id:japanjoboji:20110720160126j:image

十分に撹拌したら電動の遠心分離機に入れて数分間回転させます。そうすると綿がゴミと一緒に遠心力で漆から分離し、綺麗な漆液が取り出せるのです。

f:id:japanjoboji:20110720153204j:image

これが漉し終わったあとの綿です。漆の色で茶色くなっています。