読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

大津波に耐えた漆器

私のお客様で、宮古市北部の田老地区に住んでいる方がいます。カトラリーや将棋の駒を自作されていて、仕上げに浄法寺漆を使っていただいています。

今回の津波が起こって、沿岸に住んでいる親戚やお世話になった方々、それからお客様のことがすぐに心配になり消息を確認したりしていたのですが、このお客様も被災され、田老の宮古北高校に避難されていると分かりました。まずはご無事であることに安堵しました。

そろそろ落ち着かれた頃かなと思い、先日震災後初めてメールしたところ、無事との返事をすぐにいただきました。早めに避難したので家族一同無事だったけれど、家は津波で破壊されてしまったとのことでした。

以前、私の浄法寺漆を買っていただいていたので、そういう道具類や漆、作品も流されてしまったのだろうなと思っていたら、なんと濡れたり流されたりもせず無事に回収できたというのです!どういう状態で保管されていたのか詳しく分からないのですが、奇跡的としかいいようがありません。

そしてもっと驚いたのが、お客様が浄法寺の滴生舎で買ったお椀数個も無事だったということです!
瓦礫や土砂に埋もれた自宅の台所付近で発見したそうで、若干傷があるそうですが、本当に驚きです。


自宅内の家具などの移動は難しく、ほとんどの家財は残念ながらその場に置いてこなければならなかったそうですので、大変な状況にあることに変わりはありませんが、材料を集めて新しい製品を作りたいというお客さまの力強い言葉に、こちらが励まされてしまいました。

素晴らしい作品を、またぜひ田老の地で製作していただきたいです。
そして、津波に耐えた漆、漆器をこの目で見てみたいものです。