japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

大雪でやんす

盛岡は大晦日から大雪にみまわれています。

新沼謙治の曲で「津軽恋女」というのがありますね。

「津軽には七つの雪が降るとか こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪 みず雪 かた雪 春待つ氷雪」ってやつ。

新沼謙治というより太宰治の小説「津軽」に出てくるのですが、これは積もった雪の種類だそうで、降る雪は実は「こなゆき、つぶゆき、わたゆき、みづゆき」の四つらしいのです。

今回降ったのは「みづゆき」みたいでちょっと湿った雪。のっこり積もったので雪かきも一苦労。除雪車もなかなかやって来ず、道路はとんでもない状態です。県内のあちこちで通行止めや停電になったみたいですね。正月はあまり外出しないほうが安全かもしれません。

こんな年末年始は初めて...ではなくて、2005年にもかなり降った記憶があります。あのときもそうでしたが除雪のことで市役所に苦情が来たみたいです。確かに除雪は行き届いてない感じですけど、問題はなんなのでしょうね。
盛岡は雪捨て場が限られているし、狭い通りもあるし、除雪受託業者の技術不足?もあるのかどうか。町内会で対応してほしいということもあるでしょうが、雪を捨てる場所がないのが一番の問題のような気がします。