japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

漆掻きもそろそろ終盤

秋も深まり、漆掻きもそろそろ終わりに近づいてきました。
10月いっぱいで漆掻きは大体終わります。
漆の葉が他の樹よりも早く、黄色に紅葉していました。落葉すればそろそろ辺掻きを終えて、裏目掻きに入る頃と言われています。

f:id:japanjoboji:20101006115427j:image
今日は長野県から木曽漆器工業協同組合の青年部の方々が見えられて、漆生産組合員の鈴木健司さんの漆掻き現場にお連れしました。木曽の漆器組合には浄法寺漆を使っていただいているのです。
青年部ということで、だいたい私と同年代くらいの方々が9名。写真を撮ったり、漆掻きを体験してみたり、漆を日々扱っている方々でも漆掻きというものは滅多に見られないということで、皆さん熱心に見学していかれました。

f:id:japanjoboji:20101006115458j:image
(鈴木さんのタカッポ)