読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

いわての漆!

f:id:japanjoboji:20100902161051j:image
正式な告知が遅くなりましたが、10月に大規模な漆関係の展示企画が盛岡であります。
(パンフレットのPDFは一番下にありますので、どうぞ!)


岩手県立博物館開館30周年記念特別企画展
いわての漆
〜縄文から現代まで岩手に伝わる漆の文化〜


【期間】平成22年10月2日(土)〜11月7日(日)
 ※月曜休館(月曜が休日の場合は開館し、翌日休館)
【開館時間】9:30〜16:30
【入館料】大人300円 学生140円 高校生以下無料

【関連事業】
1 シンポジウム「縄文漆を科学する」
 平成22年11月3日(水・文化の日)11:00〜16:00
 岩手県立博物館講堂 当日受付・聴講無料

 阿部芳郎氏(明治大学教授)
 宮腰哲雄氏(明治大学教授)
 吉田邦夫氏(東京大学総合博物館准教授)
 河西学氏(山梨文化財研究所)
 本多貴之氏(明治大学
 神谷嘉美氏(東京都立産業技術研究センター)

2 秋期セミナー
 岩手県立博物館講堂 当日受付・聴講無料
 鄯 10月3日(日) 縄文時代のウルシ利用 能代修一氏(森林総合研究所)
 鄱 10月10日(日) うるしの話 高橋勇介氏(岩手工芸美術協会会長)
 鄴 10月11日(月・祝) 漆の魅力 冨士原文隆氏(八幡平市安代漆工技術研究センター)
             新しい漆製品の開発と可能性 小林正信氏(岩手県工業技術センター)
             漆のある暮らし 町田俊一氏(岩手県工業技術センター)
 鄽 10月24日(日) 漆蝋をつくる 高田和徳氏(御所野縄文博物館館長)
 酈 11月7日(日) 漆の可能性〜地域おこし〜 中村裕氏(二戸市うるし振興室長)
                        松沢卓生(岩手県浄法寺漆生産組合事務局長)

3 展示解説会 展示担当学芸員によるリレー解説
 10月2日、16日、30日、11月6日 14:30〜15:30 ※入館料が必要です

4 その他
 鄯 漆掻きの実演(岩手県浄法寺漆生産組合)
  予定 10月30日、31日、2日、3日 10:00〜15:00

IMG.pdf 直