読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

猛暑のなかの漆掻き

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


岩手も毎日暑くて30度超えの日々が続いています。夏が苦手な私にとっては早く秋になってほしいなと切望しているのですが、まだまだ厳しい夏が続きそうです。
梅雨の時期からムシムシしていましたので、なんか長い夏になりそうですね。


漆にとっては日光をサンサンと浴びられるので、冷夏よりはずっといいのですけれど...
漆掻き職人は携帯用の蚊取り線香を腰につけて、黙々と漆を掻いています。早朝と夕方が漆の出がよいので、昼は無理せずに休憩していることもありますね。


職人によって漆掻きの時間帯は異なります。朝早く起きて夜遅くまで掻いている人もあれば、マイペースでゆっくり起きて、昼寝をしながら夕方には終わらせる人もいます。


それに10月頃の裏目漆を掻かない流儀の人もいまして、この方は辺漆だけを集中的に採っています。


浄法寺漆の漆掻きでも、いろんな職人がいますし、いろんな漆があるので面白いですよ。