読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

久々の作業

f:id:japanjoboji:20091207154800j:image
 1月からイベントや出張続きで落ち着かなかったのですが、やっと先日漆の作業をすることができました。私は職人ではないので漆の扱いもまだまだです。

 でも様々な種類の国産漆を扱う仕事というのは国内でもたぶん珍しいと思います。先日も漆掻き職人の家々を回って漆を見せてもらいましたが、一人一人特徴があって匂いや色も違う。しかも時期ごとに分けて保管しています。
 現在、浄法寺漆生産組合には26人の組合員がいるので、単純に計算すると少なくとも26×4(初辺、盛辺、末辺、裏目の4種類)=104種類の漆があることになります。一人一樽以上は持っているので最低104樽はある計算です。

 樽から少量ずつ漆を採取してあるので、それぞれの職人の漆の特徴や年ごとの大まかな傾向を示せるよう、分析に取り組んでいきたいと考えています。