読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

漆の伐採

f:id:japanjoboji:20091022102332j:image
 漆掻きが終わった後は木の伐採です。殺し掻きという手法で漆を採り、そのあと萌芽してくる漆を育てるというサイクルで浄法寺の漆は存続してきました。もちろん苗木を植えてから育てていくやり方もあるのですが、萌芽更新の方が成長が比較的早いのです。

 この日は漆掻きの工藤さんと研修生の猪狩さんで伐採作業中。チェンソーで伐倒し枝を切り落として軽トラに積める大きさにカットして積みこんでいました。
f:id:japanjoboji:20091022102613j:image

 伐採した後の木は何に使うのか・・それが、特に使い道がなくてそのまま薪として燃やしていることが多いのです。しかも2年くらい屋外に置いたものでないとなかなか燃えてくれません。
 かつては魚網の浮きに使ったりしていたそうですが・・

 韓国では漆料理に漆の木を使うので、食材としてみたらもったいないのかも知れません(笑)

浄法寺漆・漆器ネットショップはこちら http://japanjoboji.shop-pro.jp/
浄法寺漆産業 http://www.japanjoboji.com