読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

ドライングレコーダー

うるしのこと

f:id:japanjoboji:20090811032128j:image
 漆の硬化時間を測定する特殊な機器です。

 測定方法は単純なものです(^-^)

 細長いガラス板に薄く漆液を塗り、その表面にレコード針のような針を落とします。その針がゆっくり移動すると、はじめは濡れているので引っ掻いてもまた元通りになりますが、徐々に硬化が進んで行くと塗膜の表面に傷がついていきます。
 漆が完全に固まると針が塗膜の上に乗るので傷がつかなくなります。
 この時点で完全に硬化したと見なします。

 乾きが早ければ6〜8時間程度で硬くなりますが、漆によっては24時間経過しても乾かないものもあります。



 国産漆は概して乾きがよくないと言われていますし、現にその通りです。

 でもそれは混じりっけなしの、ウルシオールたっぷりの漆だからなのです。乾燥が比較的早い中国産は時期も関係なく混ぜてしまっているからですし、乾燥を早める調整をしているからです。

 ですので、国産漆の乾きを見極めて塗ることのできる職人が少なくなっています。作業効率からいえば乾きがよくてハンドリングのいい漆が好まれますが、それに慣れてしまうと本来の漆を扱えなくなってしまいます。

 ジメジメしているこの時期は湿度の調整が難しく塗師泣かせですが、塗りだけではなくてそういう乾燥にまで気を配りながら漆器は作られています。


浄法寺漆・漆器ネットショップはこちら http://japanjoboji.shop-pro.jp/
浄法寺漆産業 http://www.japanjoboji.com