japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

うるしのこと

浄法寺漆の世界

先週土曜日に、NHKのBSハイビジョンで浄法寺漆の特集番組が放送されました。 「命の一滴いただいて 漆と対話する職人の一年」というタイトルで、前に東北地方限定で特集された「ワンダフル東北」の拡大版というか、こちらが本編になります。NHK仙台放送局が…

twitter!

岩手県知事も最近始めたtwitter、私もブログよりtwitterに書き込む方にシフトしてきています。 去年の夏くらいから始めて、ちょっとやり方が分からなくて放置していた時期もあったんですが、秋くらいから少しずつ書き込んでいると反応してくれる方が増え始め…

久々の作業

1月からイベントや出張続きで落ち着かなかったのですが、やっと先日漆の作業をすることができました。私は職人ではないので漆の扱いもまだまだです。 でも様々な種類の国産漆を扱う仕事というのは国内でもたぶん珍しいと思います。先日も漆掻き職人の家々を…

柴田是真展

ブログにupするのが遅れてしまいましたが、日経新聞日曜版の「美の美」で室瀬和美先生が解説されていた「花瓶梅図漆絵」を実際この目で確かめるべく、日本橋の三井記念美術館の企画展「柴田是真の漆×絵」を見に行ってきました。 アメリカのエドソン夫妻が所…

東京文化財研究所へ

東京に来ています‥って先週も漆サミットだったんじゃない?と言われそうですが、2週連続、いや3週連続の東京出張になる予定です。来週は岩手県東京事務所に呼ばれて漆の話をすることになっています。 今回は東京文化財研究所主催の、伝統的修復材料および…

漆サミット写真集

1月15日から17日まで、3日間に渡り行われた漆サミット2010の様子です。エントランス。明治大学アカデミーコモンの2階です。こんな校舎で勉強できるなんて恵まれているなあ。 でも今回担当した理工学部は川崎市の生田にあって、ちょっと古い。スタッフ…

漆サミット終わりました

漆サミット2010、無事終了しました。 それにしても毎日すごい人出で、東京開催のすごさを実感しました。中でも初日の瀬戸内寂聴師の記念講演会はかなりの人出でした。やっぱり寂聴人気はすごいですね。 浄法寺の天台寺に住職として来たときのエピソードから…

漆サミット開催!

明日、1月15日から17日まで、漆サミット2010が東京で開催されます。 http://wwwsoc.nii.ac.jp/historbot/urushi/top.html お近くの方はぜひいらしてください。浄法寺から漆関係者がこぞって行きます。もう先発隊が到着して準備を進めているはずです…

椀一式

飛騨春慶と日本デザインコミッティーのプロジェクト「椀一式」を購入しました。 それぞれのデザインには好き嫌いがありそうですが、消費者が欲しいと思う漆器づくりというものは絶対必要だし、昔ながらの職人気質もなくてはならないもの。その擦り合わせ作業…

漆再発見!

今日は成人の日。成人してからあまり成長がないなあと思っている人(特に男性)は多いはず。成人の日でインタビューされている真面目な若者を見ると、オジサンも頑張らねばと思うのであります。(でもまだオジサンという自覚がない‥それが成長していないとい…

鉄腕!ダッシュ!

昨日放送された日本テレビ系列の「鉄腕!ダッシュ!」で漆のことが紹介されていました。 会津で漆掻きと塗りをされている秋葉さんのもとで、TOKIOのメンバーが漆掻きから箸づくりまで全部携わるという企画物だったのですが、かぶれを恐れず半袖で漆掻きをし…

漆出荷準備

12月18日、漆の出荷の準備作業を行いました。 この日は全国的に寒波が襲い、非常に寒い中で手続きをしました。伝票を書く手がかじかんできて、寒いのなんの。漆掻きの大森俊三さんと大森正志さん、大森清太郎さんの漆の認証と出荷証明を行いました。 (皆さ…

県立大講義2回目

岩手県立大学で、山田佳奈先生の社会構造変動論特別講義(すごい名前ですが・・)に招かれ、漆のお話をしてきました。 1コマ1時間半の講義なんですが、漆の話をするとあっと言う間に終わってしまいます。これは話下手の私にとっては驚異です。なんせ10分…

掻き傷

漆の傷の付け方は職人によって違います。垂直平行にそろえている人や、若干斜めにしていたり、完全斜めの人も。 傷の長さも違いますね。これは木の状態にもよるのですが、職人の流儀もあるようです。 皆さん、自分の掻き方が一番いいと思って掻いていますし…

4種の生漆

(盛辺の漆) 佐藤春雄組合長の漆を4種類(初辺、盛辺、末辺、裏目)を1キロずつ購入し、それぞれ濾す作業をしました。 やっぱり時期で漆がこんなにも違うのか〜と驚かされました。それぞれ違うんだよと聞いていても、実際にヘラで触ってみないと感覚的な…

「季刊サルビア」に金継ぎnicoさん登場

季刊サルビアという小冊子に先日東京でお会いした「金継ぎnico」さんのインタビュー記事が載ったとのことで、nicoさんこと加藤さんご本人からご連絡をいただき、早速購入しました。 岩手で売っているのは盛岡のhinaさんという雑貨屋さんで、初めて行ってきま…

漆の木の出荷

普段は漆そのもの(漆液)を出荷しています。でも今日は漆の木を出荷しました。時々こういう注文をいただきます。 漆を掻き終わって、伐採したものを「掻き殻」というのですが、このたび京都の木工家の方からご注文をいただき、佐藤組合長宅で出荷作業を行い…

フランケン状態?

妻から手渡された「柿の種」の小さなパックを手に仕事していたところ、裏面にこんな「けなげ組」というコラム?が載っていました。まったくの偶然だったんですが・・ 「漆液をとるため傷つけられて、僕の顔はフランケン状態」 「天然のプラスチックの様な性…

漆樽

漆は杉でできたこのような樽に入れられて出荷されます。 ご覧の通り独特の梱包です。漆に密着するように(空気に触れると酸化するので)蓋紙をあてて、同じ杉製の蓋をした上に緩衝用の輪っかを入れて荒縄でぐるぐる巻きにします。昭和初期の漆出荷時の写真も…

漆サミットが開かれます!

ブログにも時々書いていますが、昨年から森林総合研究所の方々にいろいろとお世話になっています。 このたび森林総合研究所の方々のご尽力で「漆サミット実行委員会」が組織され、来年1月15日から17日まで、東京の明治大学で「漆サミット」が開かれるこ…

漆のミニ出荷

10月中旬に全国各地に向けて大量の漆を出荷したところですが、今でもちょこちょこ注文があったりします。そういうときは私が組合員のお宅にお邪魔して出荷証明の手続きをしています。浄法寺漆認証制度による認証は二戸市うるし振興室の仕事になります。去年…

うるしの日記念植樹祭

11月19日、二戸市と岩手県浄法寺漆生産組合の主催で漆の植樹祭が行われました。 二戸市浄法寺の地域活性化センターという場所の隣に植栽地を設けて、今年で22回目の植樹となります。 明治神宮でお祓いを受けてから植えているので、どうしてもこの寒い時期…

町家でごはんの会とラジオ出演

東京出張から帰った翌日の日曜日(15日)、ちょっとしたお食事会に参加してきました。参加というよりゲストとして。 前にもこのブログでお知らせしていましたが、盛岡のミニコミ誌で「てくり」という巷で人気の冊子がありまして、発行元の「まちの編集室」の…

東京その3

狂言師の奥津さんを訪問したあとは、国分寺で金継ぎをしていらっしゃる「金継ぎnico」の加藤さんのところへ。・・その前に訪問したところがあったのですが企業秘密(笑)につき省略させていただきます。 金継ぎというのは、割れた皿や茶碗などの陶磁器を漆を使…

東京その2

東京出張の二日目は、私の大事なお客様への訪問がメインでした。 お一人目は、狂言師で能面製作も手がけておられる奥津健太郎氏(和泉流狂言方)。 今年の夏頃、私のHPをご覧になった奥津さんから連絡をいただき、浄法寺漆をお買い上げいただいたのが縁で実…

東京その1

東京出張の一日目は明治神宮での「うるしの日」諸行事への参加でした。 漆生産組合の佐藤組合長と二戸市の職員の方と3人で出張してきました。明治神宮は初めて訪れたんですが、とても東京は思えない鬱蒼とした森の中にあって、一瞬浄法寺にいるのかと錯覚し…

東京から帰る

今日帰ってきました。とても充実した出張でした〜 ちょうど天皇陛下ご即位20周年記念行事とオバマ大統領訪日の関係で厳戒態勢の東京だったので、ロッカーも使えず、道路も規制されていていました。 東京出張での内容は後日アップします。 明日は盛岡鉈屋町…

東京へ

明日から東京へ行くので準備をしています。 11月13日は「うるしの日」で、その諸行事が明治神宮で行われるのです。 表彰行事もあり、全国各地の漆関係者で実績のある方々が表彰されているのですが、浄法寺からも毎年漆掻き職人が表彰されています。今年…

県立大で講義

漆のことでいつもお世話になっている、岩手県立大学の山田先生のご依頼を受け、特別講義をしてきました。 講義といってもそんな大層なものではないです。 来年の1月に二戸市の元気再生事業の取り組みの一環で、東京で漆サミットが開かれる予定です。その際…

日本文化財漆協会漆精製研修

今日から浄法寺で日本文化財漆協会の漆精製研修が始まりました。今年は日本うるし掻き技術保存会の研修生が採った漆を使って素ぐろめ漆と黒呂色漆を精製するとのことで、関係者が岩舘隆さんの工房(浄法寺漆器工芸企業組合)に集まりました。 私も見学者とし…