japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

膠漆の交わりプロジェクトで国産漆支援を

f:id:japanjoboji:20190503183643p:plain

https://www.makuake.com/project/kikunotsukasa/

地元盛岡の酒蔵「菊の司酒造」とのコラボレーションプロジェクト「膠漆(こうしつ)の交わり」がスタートしました。クラウドファンディングサイト「Makuake(まくあけ)」で支援を募っています。

このプロジェクトは大吟醸の古酒をオリジナルの平盃をセットで楽しんでもらうとともに、国産漆の植樹活動を支援するものです。


専務の平井佑樹さんとは1年ほど前に出会い、漆の状況をお伝えしたところ「日本酒で何か支援ができないか」というアイデアでプロジェクトがスタートしました。

『膠漆の交わり』は固い結び付きを表す言葉です。膠漆は膠(にかわ)と漆のことで、どちらも接着剤で使われ、簡単には離れません。漆を使った器は日本酒との相性も良く、膠と漆のような強い絆で互いの魅力を引き出し合えるという思いから名付けられました。

ご用意していただくお酒は、大吟醸酒を瓶の中で低温熟成させた2012年度産のプレミアム熟成酒です。上品で深みのある甘みと、カラメルやナッツのような香味が特徴。淡く色づいた酒の色を楽しんでいただくため、漆の色は珍しい白を選びました。

クラウドファンディングでは返礼品として日本酒と漆器のセットのほか、日本酒のみや、漆の植樹活動を応援するコースも用意しています。売り上げの一部は植樹活動に活用される予定です。

 

ぜひ皆様からのご支援を宜しくお願い致します。 

 

ウルシネクストによるウルシ苗植栽

 

f:id:japanjoboji:20190428094710j:plain 

4月27日から始まったウルシ植栽事業も5月2日が最終日。午前はウルシ苗木植栽、その後除草作業とウルシの種蒔きをしました。厚く御礼申し上げます。

 

f:id:japanjoboji:20190502094114j:plain

遠くはロサンゼルスから!見学に駆けつけてくださった方もおり、東京や鎌倉からも参加いただきました。日本航空様からもお2人が2日間来ていただき合計420本の苗木を植えることができました。

f:id:japanjoboji:20190502101429j:plain

地盤が硬く、伐採跡地のため足元が悪い中の作業でしたが、着々と進みました。ありがたいことです。

先日地元の森林組合の方とウルシの植栽について打ち合わせを行いました。山主さんからの希望でウルシを植えることになり、苗の確保や植え方などのノウハウがないそう。

ウルシは超短伐期で短期で収入が見込めますし、需要旺盛なので造林樹種としてお勧めです。

山林所有者、森林組合、行政への説明も行いますのでお気軽にご相談ください。岩手、東北、全国どこへでも。

山林ではないところだと補助金の対象外になりますが、農地法上の問題もなく、肥培管理を行う計画であれば畑地や原野への植栽も可能です。漆の木は里の木なので植栽地としては畑が理想的です。

 

f:id:japanjoboji:20180819103153j:plain

 

漆の苗木、販売しています

ウルシの苗木、西日本の方はもう今時期から植えられますよ! 植えるタイミングは今がおすすめ。春先のほうが苗の活着がいいです。

浄法寺の漆林から採取した種から発芽させ、盛岡市近郊で栽培した2年生の苗です。

f:id:japanjoboji:20190306184346j:plain

f:id:japanjoboji:20190306184342j:plain



野村證券盛岡支店で講演会

f:id:japanjoboji:20190318130808j:plain

今日は野村證券盛岡支店で漆セミナー。今年度開催された盛岡支店のセミナーの中で一番の参加者数とのことでした。漆掻きから漆器文化財、SDGsまで幅広く取り上げました。

去年の4月、飛び込みで事務所に来られた営業担当の方に漆の話をしたところ、面白いのでぜひセミナーで話をして欲しい!という展開となり、準備を進めていました。

いろんなところで講演をしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

東京永田町にて講演しました

f:id:japanjoboji:20190308191154j:plain

f:id:japanjoboji:20190310183613j:plain

f:id:japanjoboji:20190310183646j:plain

 

3月8日の夜、東京永田町のNagatacho Gridにて「第6回地域おうえんBASH 【「国産漆の最後の砦」浄法寺漆を次世代に伝える】Satoyamaカフェコラボ企画」が開催されました。

【地域おうえんBASH】とは、地域を応援しよう、盛り上げよう、地方創生をしていこう、という気持ちを持つ人たちが集まり、お互いに取り組みやアイデアやこれからの挑戦を発表し、交流するイベントです。今回のテーマは国産漆ということでウルシネクスト理事の松沢が登壇しました。モデレーターはJapan Times Satoyama 推進コンソーシアム事務局長の吉田雄人氏。

お陰様で多数の方々にお集まりいただき盛況となりました。「漆は世界を救う」という大上段からの提案をさせていただきましたが、SDGsなど漆が貢献できることは数多くあります。漆=漆器だけではない新たな可能性、魅力を感じていただきたいという思いです。

ご来場いただいた方々、Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム、地域おうえんフェス、ガイアックスの皆様に厚く御礼申し上げます

講演会のお知らせ

Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム、地域おうえんフェス、ガイアックスの共催で、第6回地域おうえんBASH  Satoyamaカフェコラボ企画が開催されます。

3月8日夜、漆や現在のウルシネクストの活動について講演します!

日 時: 3月8日(金)19:00-21:00
・18:30 受付開始
・19:00-19:05 主催者から挨拶
・19:05-19:10 アイスブレイクタイム
・19:10-20:10 松沢プレゼン、Q&A
・20:15-21:00 実践者たちによるピッチタイム、交流会
・21:15 閉会

開催場所 
Nagatacho GRID 1F tiny peace kitchen
(東京都千代田区平河町2丁目5-3)

参加費: 3,000円(フリードリンク・軽食付き)

テーマ: 「里山に漆を植えよう ウルシネクストの取り組み」

主 催: 株式会社ガイアックス
     おうえんフェス
     Japan Times Satoyama推進コンソーシアム 

お申し込みはこちらから。
https://chiiki-ouen-bash-6.peatix.com/

 

f:id:japanjoboji:20190216101547p:plain