読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

japanjoboji blog

浄法寺漆産業 一人社長のブログです。 漆の産地、岩手県浄法寺の漆や漆器のこと、その他いろいろつづります。

匠の技の祭典に出展します

f:id:japanjoboji:20160808132528p:plain

8月10日から東京国際フォーラムで開催される、「ものづくり 匠の技の祭典」に出展致します。岩手県漆器組合(丸三漆器さん)と共同のブースです。

ぜひご来場ください!

 

日時:平成28年8月10日(水)~12日(金)

時間:10時~17時

会場:東京国際フォーラム ホールE(地下2階)
住所:東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

内容:
日本各地から集められた匠の技や伝統工芸、最先端のものづくり技術の展示・実演を行います。日本各地から集めた逸品の紹介、販売等を行います。自ら体験できるブースも多数設置します。

 

九段下 美命(みこと)

f:id:japanjoboji:20160411225547j:plain

東京・九段下に4月9日にオープンした「美命(みこと)」。

弊社の浄法寺漆器をお取り扱いいただいています。

www.mikoto.jp

 

都内では初めてとなる、弊社の常設展示スペースです。

f:id:japanjoboji:20160411225605j:plain

美しい器の数々。

皆様ぜひお立ち寄りください。

f:id:japanjoboji:20160411225558j:plain

 

漆の木

f:id:japanjoboji:20160324123309j:plain

岩手県工業技術センターの敷地の周囲には漆の木が植えられています。

芽吹きはまだ先ですが、冬芽がその準備をしています。

f:id:japanjoboji:20160324123127j:plain

漆の種が周辺に散らばっていました。

f:id:japanjoboji:20160324123348j:plain

f:id:japanjoboji:20160324123443j:plain

日本の漆についての英語版冊子"Urushi"を刊行しました

f:id:japanjoboji:20140720140415j:plain

 

海外に日本の漆を紹介する簡単な冊子を製作しました。
全編英語です(日本語版はございません)。漆掻きから漆塗りまでの一連の工程を概説しています。
本書はアメリカのフェッツアー財団による助成により刊行されました。

 

海外の方にもわかりやすい内容にしたつもりです。

 

こちらから購入できます。冊子版とPDF版があります。

www.japanjoboji.com

地域おこし協力隊「うるしびと」募集

漆掻き職人の減少で危機的な状況となっている国産漆ですが、このほど二戸市では地域おこし協力隊として「うるしびと」(漆掻き職人の研修)の募集を開始しました!

詳しくは二戸市ホームページを御覧ください。

多くの方から応募がありますように。

 

岩手県二戸市 【応募締切28.3.25】二戸市地域おこし協力隊の募集について

 

f:id:japanjoboji:20150807103215j:plain

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀に漆掻き道具職人の中畑さん登場

NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀「最後の職人~ニッポンを支える男たち~」に鍛冶職人の中畑さんが登場します。

持病を抱えながら一心に鎚を下ろし続ける姿にはいつも頭が下がります。

 

2月22日(月)22:00から

f:id:japanjoboji:20160216125931j:plain

デービッド・アトキンソン「国宝消滅」

f:id:japanjoboji:20160212235200j:plain

東京の丸の内丸善で先行販売されていた、アトキンソン社長の新著「国宝消滅」を一足早く読了しました。ショッキングなタイトルですね。「新・観光立国」に続いてベストセラーになるのではと思います。

漆についても厳しいことが書かれています。手厳しい発言が多いですが、その矛先は自分の会社、小西美術工藝社へも向けられています。

日本は観光業に力を入れ、そのためには文化財をもっと活用すべきという主張はもっともで、かつてのイギリスも日本と同じような状況で、やむにやまれず試行錯誤しながら好転していったとのこと。いつかは日本も辿る道だからこそ、何かやらねばなりません。

読みながら思ったのが、岩手なら中尊寺金色堂のガラス張りをやめたらどうかと。LEDもいいですが、時々和蝋燭の明かりだけで金色堂を照らしたり…考えただけでもワクワクします。

現在の覆堂をなくすのは難しいと思いますが、警備を厳重にすればガラスを外すのは可能だと思います。建立当初は金色堂はむき出しだったし、旧覆堂の頃はガラスなんてなく、直接見られたわけですから…調温調湿のガラスケースの中の金色堂は綺麗ですが、アトキンソンさんのいう「冷凍保存」の文化財をガラス越しに見るのではなく、清衡公の思いが反映された金色堂を直に見てみたいです。

f:id:japanjoboji:20160213160047j:plain

(昭和大修理前の金色堂内陣)

 

この金色堂も平安から昭和まで幾度も修理を重ね、火災の危機も乗り越えてここまで残っています。いずれまた修理すべき時期が来るはずで、今の調整された良好な環境だと50年、100年経ってもこの状態が保たれているかもしれません。でもそれだと修理する職人が育たないのです。日光のように定期的にメンテナンスして職人の技術を伝えていくのも大事なことです。漆の木の育成にも繋がりますし、漆掻きも産業として存続します。

それにしてもアトキンソンさんならではの分析力はさることながら、日本語の語彙力には脱帽です。単なる日本文化批判ではないのは明らかで、日本そして浄法寺に対する期待の現れも感じ取れます。

f:id:japanjoboji:20160213160410j:plain

(浄法寺の漆林で、漆掻きの工藤さん、アトキンソン社長と)

 

(国宝消滅)

http://www.amazon.co.jp/…/4…/ref=cm_sw_r_tw_dp_LzGVwb0HSFZCA